ホーム  >  会の活動  >  ≪2005年≫  >  ≪2006年≫  >  ≪2007年≫   >  ≪2008年活動報告≫
メディアに掲載されました≪1≫    ≪2≫    ≪3≫    ≪4≫    ≪5≫    ≪6≫


 

2006.10.28〜12.02 講座報告「問われる日本の外交力 グローバルな時代 国境を越えるとは 国連・EUから探る」

ポスターby蒲原 ■ 柏市中央公民館市民自主企画講座
「問われる日本の外交力 グローバルな時代 国境を越えるとは 国連・EUから探る」(全6回)

【講師 南義清さん(元信州大学教授、日本EU学会名誉会員)、
    大瀬由生子さん(料理研究家)、ジョバンニ・モンテさん
【日時】 2006年10月28日〜12月2日(全6回)
【場所】 柏市中央公民館、国連大学
【主催】 柏市中央公民館
【企画運営】 NPO法人エアロームかしわ
チラシby吉田受講者数:44人、延べ参加者数(全6回):217人
ご参加ありがとうございました
・開催案内詳細は⇒こちら
・第2回公開講座案内詳細は⇒こちら

  • 第1回講座 「最近の国際関係と日本の外交」
  • 第2回講座 「ヨーロッパ統合にかける夢」
  • 第3回講座 「EU統合はどこまで国境を越えたのか」
  • 第4回講座 「国連大学訪問」
  • 第5回講座 「国連の可能性を探る」
  • 第6回講座 「イタリア風クリスマスパーティ」

南さん 写真by大島公開講座 写真by大島講座風景スタッフ
講座風景第1回講座で配布したEU資料やレジュメ講座風景
スタッフ国連大学 写真by蒲原国連大学見学 写真by蒲原南さん調理実習風景
 おいしい料理を食べながら聞く大瀬さんモンテさんモンテさんもお料理しています
スタッフ大瀬さんとさぁ食べよう

【こんな講座でした】
高校生から80歳代の受講者、国際問題に関心のある学習意識の高い方々が参加してくださった講座となりました。毎回10ページ以上のレジュメを出してくださった講師の南さん。それは小冊子と言えるほどの分量となり、貴重なお宝になりました。
男性が多い講座でしたので調理実習があった最終回では、「料理なんてやったことないです」という方も包丁を持つはめに。やればできる。料理する楽しみも見つけてもらえたようです。もちろん率先して作ってくれる男性もいて、かなり楽しそうでした。講師の大瀬さんのブログにもその様子が載っています。⇒こちら
もうお一人の講師、イタリア出身のモンテさんが「なぜクリスマス?」と題して、靴下を吊るすのはなぜ?などの知ってるようで知らなかったクリスマスの謎を話してくださいました。モンテさんのホームページは⇒こちらです
EUと国連、どちらにも男女平等の精神が流れています。今私たちがグローバルに考えるとはどういうことなのかと、宗教や文化の違いにも触れ男女共同参画の実践にもつながった連続講座でした。(吉)

 

2006.03.03 山下泰子さん講演会 報告

山下泰子講演会 「どうなの? 世界が見た日本の女と男 〜ニューヨーク・北京・ネパールからのメッセージ」
講演会風景写真by大島【講師】 山下泰子さん(文京学院大学教授、ジェンダー法学会理事長ほか)
【日時】 2006年3月3日(金)午後2〜4時
【場所】 アミュゼ柏・プラザ
【後援】 柏市・柏市教育委員会
【参加者数】 60人 ご参加ありがとうございました

・開催案内ポスター⇒こちらへ
・メディア各紙に掲載された開催案内⇒こちらへ

写真:講演会風景 by大島写真:講演会風景 by大島
写真:講演会風景 by大島写真:山下さん写真:記念撮影メンバーほか