ホーム  >  会の活動  >  ≪2005年≫  >  ≪2006年≫  >  ≪2007年≫   >  ≪2008年活動報告≫
メディアに掲載されました≪1≫    ≪2≫    ≪3≫    ≪4≫    ≪5≫    ≪6≫


ライン  

2007.04.05 エアロトークサロン「中東和平の行方」 報告

【日時】4月5日(木)午後2〜5時(柏市民活動センターで)
【講師】南義清さん(元信州大教授・国際政治学)
【内容】今回は「中東」がテーマ。南さんの講義は、特にイスラエルの「パレスチナ問題」から中東和平の展望と可能性を探ってみようというものでした。(参加者:14名)
そのあとは1時間半のフリートーク。イスラエルのユダヤ人とアラブ人が共存できるかどうかの話題となり、この難しい問題には時間が足りないほど活発な意見交換となりました。この機会に、自分の頭の中で細切れだった情報が少しは整理できたのではないかと思います。(吉)

写真:講師の南さんフリートーク風景:写真by大島写真:フリートーク中講義風景写真by大島写真写真

 
ライン  

2007.01.31 南義清トークサロン&ミニ・ティータイム 報告

【日時】1月31日(水)午後3〜5時
EUや国連を引き続き話題に、講座中にもう少し聞きたかったご質問などを出していただき話し合おうと、南さんを囲む会を開きました。

テーマは「語り合おう 世界のこと日本のこと 私たちのことを!」。

トークサロン風景写真by大島一人ずつの質問で盛り上がる 写真by大島

トークサロンなごやか写真写真by大島
始終なごやかな雰囲気と、自己紹介を兼ねての皆さんの博識と学習熱意に感激しました。ご参加ありがとうございました。EUの情勢も刻々と変化していて話題がたくさん出ていました。この輪がもっと広がっていくと素晴しいですね。また再会できる日を約束して終えました。 案内状作成by大島

 
ライン
 

2007.01.23報告 分科会「女性の人権・偏見!・特権? 〜なぜ『女性専用車両』が必要なの?」

丹羽さん:写真by吉田柏市男女共同参画シンポジウムに於いて私たちは分科会を開催しました。ご参加ありがとうございました。

【講師】丹羽雅代さん(アジア女性資料センター運営委員、 女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員)
【日時】1月23日(火)14:45〜16:45
【場所】アミュゼ柏 2階会議室
 ※詳細案内チラシはこちら
【主催】この分科会の主催はNPO法人エアロームかしわ。
(シンポジウムの主催:柏市男女共同参画シンポジウム実行委員会・柏市)

講座風景写真by大島写真:講義中の丹羽さん講師の丹羽さん
講座風景写真by大島スタッフ講座の様子写真 ポスター

【当日の様子を報告します】

参加者は22名、4つのグループに分かれての参加型学習をしました。「女性専用車両」をどう考えていくのか。私たちの社会は何らかによって分けられていることがたくさんある。その「分離」の根拠を考えていけば答えが導かれるのではないかと、参加者全員で一緒に考えていく作業をしました。
講師の丹羽さんがいろんな事柄をあげ、社会にとって「それは資格で分ける必要があるよね」「その職業は本当は男女で分ける必要がないんじゃないの」などと答えていきました。そうすると、男女の性別で分けなければならないものなどは本当に少ないことに気づきます。 「女性専用車両」も本当は分離する必要がないもの。
しかし、事件や今の世の中の状況から、女性が身を守れる状況に無いことがあり、「女性専用車両」はシェルターのような役目をしているとも言える。そのような社会状況が変わってくれることを、女性は願っているのはもちろんのこと。
終了したあとも議論が続いているグループもあって、受け取りかたは千差万別だったかもしれませんが、盛り上がった分科会となりました。 (吉)