ホーム  >  ジェンダーを語ろう  > おばさんの井戸端ジェンダー   世界のジェンダー統計

世界のジェンダー統計

人間開発報告書2011 持続可能性と公平性―より良い未来をすべての人に」
から  HDI、IHDI、GIIの上位50ヵ国ランキング
 (表をスキップする)
順位 HDI
(人間開発指数)
IHDI
(不平等調整済み人間開発指数)
GII
(ジェンダー不平等指数)
1 ノルウェー(0.943) ノルウェー(0.890) スウェーデン(0.049)
2 オーストラリア(0.929) オーストラリア(0.856) オランダ(0.052)
3 オランダ(0.910) スウェーデン(0.851) デンマーク(0.060)
4 米国(0.910) オランダ(0.846) スイス(0.067)
5 ニュージーランド(0.908) アイスランド(0.845) フィンランド(0.075)
6 カナダ(0.908) アイルランド(0.843) ノルウェー(0.075)
7 アイルランド(0.908) ドイツ(0.842) ドイツ(0.085)
8 リヒテンシュタイン(0.905) デンマーク(0.842) シンガポール(0.086)
9 ドイツ(0.905) スイス(0.840) アイスランド(0.099)
10 スウェーデン(0.904) スロベニア(0.837) フランス(0.106)
11 スイス(0.903) フィンランド(0.833) 韓国(0.111)
12 日本(0.901) カナダ(0.829) ベルギー(0.114)
13 香港(中国)(0.898) チェコ(0.821) スペイン(0.117)
14 アイスランド(0.898) オーストリア(0.820) 日本(0.123)
15 韓国(0.897) ベルギー(0.819) イタリア(0.124)
16 デンマーク(0.895) フランス(0.804) オーストリア(0.131)
17 イスラエル(0.888) スペイン(0.799) チェコ(0.136)
18 ベルギー(0.886) ルクセンブルグ(0.799) オーストラリア(0.136)
19 オーストリア(0.885) イギリス(0.791) ポルトガル(0.140)
20 フランス(0.884) スロバキア(0.787) カナダ(0.140)
21 スロベニア(0.884) イスラエル(0.779) キプロス(0.141)
22 フィンランド(0.882) イタリア(0.779) イスラエル(0.145)
23 スペイン(0.878) 米国(0.771) マセドニア(0.151)
24 イタリア(0.874) エストニア(0.769) ギリシア(0.162)
25 ルクセンブルグ(0.867) ハンガリー(0.759) ポーランド(0.164)
26 シンガポール(0.866) ギリシア(0.759) ルクセンブルグ(0.169)
27 チェコ(0.865) キプロス(0.755) クロアチア(0.170)
28 英国(0.863) 韓国(0.749) スロベニア(0.175)
29 ギリシア(0.861) ポーランド(0.734) リトアニア(0.192)
30 アラブ首長国連邦(0.846) リトアニア(0.730) エストニア(0.194)
31 キプロス(0.840) ポルトガル(0.726) スロバキア(0.194)
32 アンドラ(0.838) モンテネグロ(0.718) ニュージーランド(0.195)
33 ブルネイ(0.838) ラトビア(0.717) アイルランド(0.203)
34 エストニア(0.835) セルビア(0.694) イギリス(0.209)
35 スロバキア(0.834) ベラルーシ(0.693) 中国(0.209)
36 マルタ(0.832) ルーマニア(0.683) ラトビア(0.216)
37 カタール(0.831) ブルガリア(0.683) クウェート(0.229)
38 ハンガリー(0.816) クロアチア(0.675) アラブ首長国連邦(0.234)
39 ポーランド(0.813) ロシア(0.670) ハンガリー(0.237)
40 リトアニア(0.810) ウクライナ(0.662) ブルガリア(0.245)
41 ポルトガル(0.809) バハナ(0.658) アルバニア(0.271)
42 バーレーン(0.806) カザフスタン(0.656) マルタ(0.272)
43 ラトビア(0.805) ウルグアイ(0.654) マレーシア(0.286)
44 チリ(0.805) チリ(0.652) バーレーン(0.288)
45 アルゼンチン(0.797) ボスニア(0.649) チュニジア(0.293)
46 クロアチア(0.796) トリニダード・トバゴ(0.644) モルドバ共和国(0.298)
47 バルバドス(0.793) アルゼンチン(0.641) 米国(0.299)
48 ウルグアイ(0.783) アルメニア(0.639) ベトナム(0.305)
49 パラオ(0.782) アルバニア(0.637) オマーン(0.309)
50 ルーマニア(0.781) モーリシャス(0.631) アゼルバイジャン(0.314)
       
  (187ヵ国測定) (134ヵ国測定) (146ヵ国測定)

【資料】UNDP 「Human Development Report 2011」(2011.11.02公表)より作成
「Japan Report」
「人間開発報告書2011」国連開発計画(日本語サイト)

日本の順位

@『人間開発報告書 2011』(UNDP:国連開発計画)による日本の順位は、前年と比べて、HDI 11位→12位、IHDI -位(データなし)→-位(データなし)、GII 12位→14位となりました。なお、HDIについて、前年の169ヵ国の測定から、今年は187ヵ国の測定に増えています。指標は、ユネスコ等、UNDP以外の国連諸機関の統計データが利用されて作られました。

HDI、IHDI、GII とは?

「人間開発指数」HDIは、国の人間開発の最大可能の達成度を示します。しかし、国の人々の間に不平等があれば、その国の人間開発の達成に損失が出ます。そのような不平等性も加味した「不平等調整済み人間開発指数」IHDIも用いられています。また、社会に不平等が生まれる大きな原因の一つとして、 女性が不利な立場にあることが挙げられます。「ジェンダー不平等指数」GIIは、男女間に存在する不平等性を示します。 具体的には、次のようになります。

 HDI(Human Development Index) 人間開発指数
HDIとは、「健康」(見込み寿命に基づく)、「教育」(見込み学校教育年数及び平均学校教育年数に基づく)、「所得」(国民総収入GNIに基づく)の3次元に基づいて、人間開発の最大レベル(潜在的レベル)を表す指標です。
数字が大きいほどその国の潜在力が高いことになり、例えば、2011年度の日本の値は、0.901で、すなわち、最大90.1%の人間開発の達成度が可能な状況にある、ということになります。表には出ていませんが、測定国の中で一番低かったのは、周辺国との民族紛争が続いているコンゴ民主共和国の0.286で、 この国の人間開発の最大達成度は 28.6%しかないことが分かります。
 HDIデータ(英語)
 IHDI(Inequality-adjusted Human Development Index) 不平等調整済み人間開発指数
IHDIとは、上記HDIの値から、人々の間の不平等性から生じた人間開発の損失を差し引いた値です。HDIとIHDIの2つの値の差が大きいほど不平等が大きいことを意味し、社会が完全に平等であれば、HDIとIHDIの値は等しくなります。
例えば、表には出ていませんが、HDIとIHDIとで一番大きな乖離があったのは、アパルトヘイト政策が長く続いたナミビアで、0.625-0.353=0.272、すなわち27.2%の人間開発の損失が不平等で起こったことを示しています。
 IHDIデータ(英語)
 GII(Gender Inequality Index) ジェンダー不平等指数
GIIとは、人間開発の達成度において、男女の不平等による人間開発達成度の損失を表します。すなわち、「健康」(妊娠死亡率及び成人妊娠率に基づく)、「エンパワーメント」(議会での男女議員の配分及び第二次あるいはそれ以上の教育達成レベルに基づく)、「労働」(女性の労働力への参加性に基づく)の3次元で、人間開発の成果が失われた割合を示す指標です。
値は、0(完全に平等)から1(完全に不平等)までの数字で表わされます。例えば、日本のGIIの値は0.123で、すなわち、男女不平等の結果、人間開発に12.3%の損失が出たことを示しています。
表には出ていませんが、2011年度測定国の中で最下位のバングラデシュのGIIの値は0.769で、男女不平等の結果、人間開発達成に76.9%の損失が出たことになります。ただし、HDIとGIIとでは統計上の考慮した次元が異なるので(上記HDIの説明と本項を比較せよ)、単純に両者を引き算することはできません。
 ジェンダー不平等指数データ(英語)
 MPI (Multidimensional Poverty Index) 多次元貧困指数
MPIとは、健康、教育、生活水準の3次元における深刻な貧困の度合いを数値化した指標です。世帯単位の生活水準、学校教育、安全な水および保健医療の要素に基づいています。上の表には載せていません。日本を含むHDI上位の国々に関しては、データはありません。
 MPIデータ(英語)

GII(ジェンダー不平等指数)と、「世界経済フォーラム」のGGI(ジェンダーギャップ指数)の違い

どちらもジェンダー統計で、国別ランキングを公表していますが、人間開発報告書ではこの二つの違いを述べています。
GGI(Gender Gap Index)では対象国の開発レベルを考慮することなく、男女格差を測定しますが、GIIではリプロダクティブ・ヘルスと経済活動に影響を与える社会機関における女性の参加にも焦点を当てています。 労働政策と実践、女性の機会・教育・訓練など経済活動への参加におけるジェンダー格差の根本的な原因を理解するために役立つとされています。

※「世界経済フォーラム」世界ジェンダー格差報告書2011年版(英語)
ジェンダー・ギャップ指数の詳細解説『共同参画 H21.1号』男女共同参画局

【過去のランキング】
「人間開発報告書2010」ランキング
「人間開発報告書2009」ランキング
「人間開発報告書2007/2008」ランキング
「人間開発報告書2006」ランキング
「人間開発報告書2005」ランキング

GII   世界の女性国会議員比率ランキング を知るには?

IPU(列国議会同盟)から、ほぼ毎月更新でデータが提供されています。日本では衆議院議席のデータを用います。>>>>> IPUサイトはこちら

では、女性の国会議員を増やす方法は? 

  選挙制度に、女性の議席を一定比率確保するクオータ制の導入です。
国会議員に女性が占める割合が多いほとんどの国は、法制化や政党綱領などで何らかのクオータ制を導入しています。クオータ制を導入している国については、IDEA(スウェーデン・政府間機関)が公表しています。
各国の詳細なクオータ制については、「女性へのクオータ制」の[--Select country --▼ボタン]で見られます。もちろん、日本はクオータ制を導入していませんので記載されていません。>>>>>IDEAサイトはこちら

世界におけるクオータ制の導入状況(平成23年版男女共同参画白書 男女共同参画局)

【資料】
「人間開発報告書2011」UNDP(国連開発計画・東京事務所)

日本国内の都道府県別ジェンダー統計の順位が公表されています
  国内版GEM(ジェンダー・エンパワーメント指数)」(平成22年度、「アバンセ」佐賀県立女性センターより)